• 中古新入荷
  • USED キーボード
  • USED キーボード
  • USED DJ機材
  • USED録音機材・リズムマシン
  • USED エフェクター
  • キーボード
  • DJ機材
  • PA・レコーディング
  •  DAW・MIDI周辺機器
  • ヘッドホン
  • モジュラーシンセ
高額買取致します アカデミック割引 機材修理 出張買取いたします 着払いでお送りください宅配買取 委託販売 twitter facebook instagram blog 文明道4
 

トップ > シンセ・キーボード > KORG > シンセサイザー > KORG wavestate

KORG wavestate

商品名
KORG wavestate
発送目安
12時迄の代引注文なら即日発送
保証期間
12ヶ月

販売価格
63,600 (税別)
購入数 :
  • メールでのご注文お問い合わせはこちら
  • お電話でご注文は03-3464-0905まで!
※ご注意:中古品は1点物です。店頭販売もしております、ご注文頂くタイミングによってはご注文をキャンセルさせて頂く場合もあります。ご了承頂きますようお願い致します。 ※An 8 % sales tax will be added to the price.
コントローラー等をはじめとする様々な製品で展開しているサービス 「KORG Software Bundle」ですが、一部のwavestateにダウンロード専用コードが記載されたライセンス・カードが同梱されていない場合がございます。 
当店でご購入いただいたお客様でライセンス・カードが同梱されていなかった場合、お手数ですが以下のページをご確認いただき、販売元のコルグまでご連絡をお願いいたします。


wavestateご購入者対象:ライセンス・カードに関するお知らせ。

伝説のシンセシスを、過激にリアレンジ。 
オーガニックで刺激的、そして気が遠くなるほどパワフル。

サンプル波形が刻々と変化し、かつてないサウンドを実現するウェーブ・シーケンスを世界に発信した伝説のシンセサイザー、Wavestation。コルグのフラッグシップ・モデルのOASYS、KRONOSでは、ウェーブ・シーケンスを発展させ、濃密で変化に富んだパッド系サウンドや、リズム系サウンドなどで独自の音世界を構築してきました。 
そして、コルグのデジタル・シンセシスのネクスト・ステップが登場します。それが、wavestateです。大胆にリアレンジしたウェーブ・シーケンシング2.0を搭載し、驚異的で千変万化のサウンドを、わかりやすいコントロールで実現しました。 
ノスタルジックな復刻からは距離を置くwavestateは、モジュラー・シンセやグルーヴ・ボックス、アルゴリズミックな作曲法など多様なソースから曲作りのヒントを得ている新世代のミュージシャンのために、まったくの新設計で開発したモデルです。フルサイズ37鍵のコンパクトなデザインは、ステージやスタジオ、デスクトップなど、あらゆる環境で簡単にセッティングできます。

 

 
・ウェーブ・シーケンシング2.0
・わかりやすいコントロールによる広範なモジュレーション
・ギガバイトサイズの大容量サンプル内蔵
・MS-20やPolysixなど、モデリング・フィルター搭載
・ステレオ64ボイス
・ベクター・コントロール可能な4レイヤー
・最大14系統のエフェクトを同時使用可能
・セット・リスト機能とスムーズ・サウンド・トランジション機能
・ランダム機能
・37鍵キーボード搭載のコンパクトなデザイン
・カリフォルニア発、KORG R&Dが開発
 

ウェーブ・シーケンシング2.0

Wavestationでは、ウェーブ・シーケンスの各ステップにデュレーション(長さ)、サンプル、ピッチを割り当てることができました。これによりキャッチーなパターンが作れましたが、パターンは延々と繰り返すだけの再生方法でした。単に繰り返すだけではなく、再生方法をもっとオーガニックに、予想外の方法で変化させられるとしたら…? 

ウェーブ・シーケンシング2.0では、タイミングとサンプル、そしてメロディ(ピッチ)を別々のトラックに分離しましたので、それぞれを個別にコントロールできます。また、シェイプやゲート・タイム、ステップ・シーケンサー・バリューといった新たな要素も追加しました。このそれぞれを「レーン」と呼び、各レーンは別々のステップ数をはじめ、スタートやエンド・ポイント、ループ・ポイントを設定できます。 

ノート・オンでシーケンスがスタートし、各レーンからの情報でサウンドが構成されます。サンプルは別々のデュレーション、ピッチ、シェイプ、ゲート・タイム、ステップ・シーケンサー・バリューで発音する場合もあります。また、各レーンのスタートやエンド、ループ・ポイントをベロシティやLFO、エンベロープ、Modノブなどのコントローラーで個別にモジュレーションさせることもできます。これにより、コードの各音が別々に変化していくサウンドも作り出せます。 

また、リアルタイム・コントロールで各レーンのステップの順序をランダム化させることも可能です。さらに、0〜100%のプロバビリティをモジュレーションすることにより、ステップをランダムにスキップさせることもできます。こうして得られるサウンドは、リアルタイム・コントロールで刻々と変化するオーガニックなものになります。また、4系統のアルペジエイターでウェーブ・シーケンスを変化させることもできます。

ページトップへ